HOMEシネコンデート>2017

KITAHATA URBAN DESIGN CORPORATION
シネコン・デ−ト
(映画・演劇・コンサートのHP)


メインコンテンツ御案内
ご希望の年代を選択下さい。詳細な映画情報と映画評をお楽しみ下さい。
一部映画の内容を紹介していますのでご注意下さい。


シネコンデートTOP映画関係LINK
2016
201520142013201220112010200920082007
200620052004200320022001200019991998

●お勧め娯楽ペ−ジ>>釣りクラブちょっとお出かけハワイ特集グリルキャプテン
「見た!」作品の題名
●鑑賞日●映画館・劇場
試写会、ロードショー等、劇場で観た映画や演劇の感想やあらすじ等です。
「見たい!」作品の題名
●予定日●映画館・劇場
見たい映画、演劇の紹介。撮影状況、公開予定日など。
結局ロードショウでは見られず、ビデオで見た場合の感想も入ってます。

          
2017年
も く じ
ブレードランナー2049/関ヶ原/ワンダーウーマン
★トランスフォーマー:最後の騎士王
★夏休み文楽特別公演/ローガン/メッセージ
無限の住人/美女と野獣/★グレートウォール
キングコング:髑髏島の巨神/
★4月文楽公演
モアナと伝説の海/ラ・ラ・ランド/沈黙 -サイレンス
本能寺ホテル/
★初春文楽公演

★映画館や劇場で観ました●CDやTV録画で観ました
無印/観たかったけどまだ観てません


■ 2017年公開予定映画

ブレードランナー2049
/10月27日公開/ハリソン・フォードも出るらしい。/オフィシャルサイト(外部リンク)

関ヶ原
/8月26日公開/岡田准一が石田三成。/オフィシャルサイト(外部リンク)

ワンダーウーマン
/8月25日公開/DCコミックスが誇る女性スーパーヒーロー、ワンダーウーマンの実写映画/オフィシャルサイト(外部リンク)

     
■ トランスフォーマー/最後の騎士王
●2017.8.13 ●イオンシネマ京都桂川 ★アクション/SF/ロボット
■配給/東和ピクチャーズ■アメリカ
■上映時間/149分
■スタッフ
監督: マイケル・ベイ
脚本: アート・マーカム/マット・ハロウェイ/ケン・ノーラン
音楽: スティーヴ・ジャブロンスキー
■キャスト
マーク・ウォールバーグ/ローラ・ハドック/ジョシュ・デュアメル/アンソニー・ホプキンス/イザベラ・モナー
■関連HPオフィシャルサイト(外部リンク)
8月4日公開/最終章3部作の第1弾。オプティマスがダークサイドに堕ち、絶滅の危機を迎えた地球を救うため、発明家ケイドが、バンブルビーたちとともに繰り広げる戦いを描きます。主演は引き続きマーク・ウォールバーグ。「テッド」の他「PLANET OF THE APES 猿の惑星」にも出演していました。共演は、全シリーズに「ウィリアム・レノックス」役で出演のジョシュ・デュアメルのほか、アンソニー・ホプキンス、ローラ・ハドック。
 久々の「トランスフォーマー」ですが、前作を観ていない間に戦いのスケールが大きな内容になっていました。

前回、イオンシネマ京都桂川に行ったとき2答えたアンケートが当選!!映画招待券が二枚当たりました。今回はその招待券を利用しました。また、過去のシリーズをまとめてみました。
  2014:トランスフォーマー/ロストエイジ
  2011:トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
  2009:トランスフォーマー/リベンジ
  2007:トランスフォーマー

  
■ 夏休み文楽特別公演/第二部(名作劇場)
●2017.8.3 鑑賞 ●国立文楽劇場 ★人形浄瑠璃
■第二部/午後14時〜午後18時
■演目/源平布引の滝
 義賢館の段/矢橋の段/竹生島遊覧の段/九郎助住家の段 
■関連HP/オフィシャルサイト(外部リンク)

ポスター(面)(裏)配役
高校時代の友人達と、現在開演中の「夏休み文楽特別公演」へ。午前の部は親子向けの演目でしたので、午後の部の「源平布引の滝」を観に聴きに行ってきました。先日、人間国宝の候補になった人形の吉田和生さんや、以前一緒に写真を撮ってもらった竹本文字久太夫さん等が総出演。四人とも席が太夫・三味線の直ぐ前でしたので、太夫の表情も面白く、人形も観なければならず、忙しくて寝てるヒマがありませんでした。
公演終了後、文楽劇場に勤務する友人の案内で舞台裏見学。今回は桐竹寛壽さんから人形の動かし方のレクチャーも受けました。その後、2次会は、天六の立ち飲み3次会は中華料理店と進んでいきます。


ザ・マミー/呪われた砂漠の王女
/トム・クルーズ主演のアドベンチャー・ホラー映画。“ダーク・ユニバース”の第2弾。第1弾は「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」。/オフィシャルサイト(外部リンク)

ローガン
/6月1日公開/X−MENのウルヴァリンシリーズ第三弾。/オフィシャルサイト(外部リンク)

メッセージ
/5月19日公開/アカデミー賞8部門にノミネートされたSF作品/オフィシャルサイト(外部リンク)

無限の住人
/4月29日公開/キムタク主演の時代劇/オフィシャルサイト(外部リンク)
     
美女と野獣
/4月21日公開/ディズニー・アニメ不朽の名作「美女と野獣」を「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化/オフィシャルサイト(外部リンク)

     
■ グレートウォール
●2017.5.3 ●イオンシネマ京都桂川 ★アクション/ファンタジー/アドベンチャー
■配給/FOX■アメリカ
■上映時間/103分
■スタッフ
監督: チャン・イーモウ
脚本: カルロ・バーナード/ダグ・ミロ/トニー・ギルロイ
音楽: ラミン・ジャヴァディ
■キャスト
マット・デイモン /ジン・ティエン/ペドロ・パスカル/ウィレム・デフォー /アンディ・ラウ
■関連HPオフィシャルサイト(外部リンク)
ストーリー/傭兵ウィリアム(マット・デイモン)は黒色火薬を求め、中国で正体不明の獣に襲われる。そして、盗賊に襲われたどり着いたのが万里の長城。マット・デイモン主演のファンタジー・アクション大作。“万里の長城”が恐るべき怪物の襲来に備えるためだったという大胆な設定。

4月14日公開/ロードショウ終了間際の3日に見に行きました。久々の3D 。3D眼鏡は持っていたのですが、遠近眼鏡をしているので眼鏡に取り付けるタイプの3D眼鏡をを購入しました。おかげで楽に見ることができましたし、上演中に数回、思わず手裏剣をよけてしまいました。空中を自由に舞う女性の軍隊「鶴軍」は見物。「鶴軍」のリン・メイ司令官は景甜(ジン・ティエン)。青の軍団です。彼女は、『キングコング:髑髏島の巨神』にも出演中です。

  
■ 4月文楽公演/第二部(夜)  
●2017.4.13 鑑賞 ●国立文楽劇場 ★人形浄瑠璃
■第二部/午後16時〜午後20時20分頃
■演目
○祖父は山へ柴刈に / 祖母は川へ洗濯に
楠昔噺 (くすのきむかしばなし)/碪拍子の段、徳太夫住家の段
○曾根崎心中 (そねざきしんじゅう)
  生玉社前の段、天満屋の段、天神森の段
■関連HP/オフィシャルサイト(外部リンク)

ポスター配役

4月文楽公演。第1部では、豊竹英太夫改め「六代豊竹呂太夫の襲名披露 口上」があり、友人が私と同じ日に観賞します。が、私は最近TV録画で見た”ちかえもん”(優香が青木崇高と結婚するきっかけとなったドラマです)の影響で、第二部の「曾根崎心中」を見て聴いてきました。
一般的に女性の人形には足が無いのですが、今回の演目「楠昔噺」では老婆の”川で洗濯”の場面で、「曾根崎心中/天満屋の段」では”お初”の妖艶な足首が登場します。

D
会場内は公演中以外は撮影可能です

キングコング:髑髏島の巨神
/3月25日公開/監督は「GODZILLA ゴジラ」を手がけたレジェンダリー・ピクチャーズ。/オフィシャルサイト(外部リンク)
     
モアナと伝説の海
/3月10日公開/”アナと雪の女王”を越えるかもとの前評判のディズニーアニメ。予告を観ましたが、実写のような海の光景が印象に残ります。/オフィシャルサイト(外部リンク)

ラ・ラ・ランド
/1月21日公開/本格ミュージカル・ラブストーリーオフィシャルサイト(外部リンク)

沈黙 -サイレンス
/1月21日公開/アメリカ、イタリア、日本、メキシコ合作。巨匠マーティン・スコセッシ監督が、世界20カ国以上で翻訳された遠藤周作「沈黙」の映画化。出演は窪塚洋介、浅野忠信他。/オフィシャルサイト(外部リンク)

本能寺ホテル
/1月14日公開/予告編観ました。本能寺の変をコミカルに描きます。面白そう/オフィシャルサイト(外部リンク)

  
■ 初春文楽公演/第一部(昼)  
●2017.1.13 鑑賞 ●国立文楽劇場 ★人形浄瑠璃
■第一部/午前11時〜午後3時50分頃
■演目
○寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)
○奥州安達原(おうしゅうあだちがはら)/環の宮明御殿の段
○本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)/十種香の段/奥庭狐火の段
■関連HP/オフィシャルサイト(外部リンク)

ポスター配役

今年初めての文楽観賞。今回の初春公演は”国立劇場開場五十周年記念”です。

○寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)
  お正月らしい踊り中心の内容です。太夫9人、三味線9竿の大編成!
○奥州安達原(おうしゅうあだちがはら)/環の宮明御殿の段
  登場人物が、「実はこの人だった」と、人間関係が少しややこしい内容です。
○本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)/十種香の段/奥庭狐火の段
  キツネの踊りが見所です。文楽には珍しく、本物の炎(人魂)も使われます。


下記は広告です(広告ページへ移動します)



シネコンデートTOP


メインコンテンツ御案内

ご希望の年代を選択下さい。
詳細な映画情報とユニークな映画評をお楽しみ下さい。


シネコンデートTOP
2016
201520142013
201220112010
200920082007
200620052004
200320022001
200019991998

映画関係LINK


 HOMEシネコンデート>2017

ホ−ムペ−ジへ戻る