ご近所紹介ちょっとお出かけ>平成28年(2016)>利尻島・礼文島花の旅-3


KITAHATA URBAN DESIGN CORPORATION

利尻島・礼文島花の旅-3

コムケ湖
平成28年7月27日(水)〜30日(土)
ちょっとお出かけ■
も く じ

ちょっとお出かけ・全項目
京都へお出かけ 奈良へお出かけ
兵庫へお出かけ 大阪へお出かけ
滋賀へお出かけ お花畑やお花見・紅葉
おいしいお店 釣りにお出かけ
お出かけリンク集 ちょっと休憩ソフトクリーム
市民向け・土木構造物の見学見学リスト

▼前(利尻・礼文−2 /次(人形浄瑠璃)▲

下記は広告です

宗谷岬からオムサロ原生花園


■三日目(7/29)、

この日は割にゆっくり8時に集合。

利尻島の鴛泊(おしどまり)港を出船、

2時間足らずで、再び稚内港に戻ります。


バスに乗り換え、最北の海岸線を望みながら、

次は宗谷岬に向かいます。



お見送りは必ずあるようで・・・

無賃乗船

海上から利尻富士
海上保安庁「れぶん」(左)と「もとうら」(右)/稚内港
稚内港


宗谷岬では、残念ながら樺太は全く見えませんでしたが、

ちょうど

   アルメニア(ハマカンザシ)

の明るい花が咲いていました。


最北端の食堂やトイレも撮影。

流氷館も入りましたが、ちょっとお粗末でしたね。



間宮林蔵象(左)、出港の地(右上)、宗谷岬(右下)
アルメニア(ハマカンザシ)
歌碑 最北端の食堂
最北端到着証明書販売有り 最北端のトイレ
流氷館
宗谷岬公園
昼食はホタテづくし。お土産もホタテやウニが中心。


■”オホーツクライン”(R238)を少し南に走って、

  道の駅/さるふつ公園

に到着。


昼食は”ホテルさるふつ”のホタテづくしです。

お土産もホタテやウニが中心。

昼食のメニューにあった

   ホタテ入・海苔の佃煮”ホタテのり”

が美味しかったので、お土産に購入しました。



昼食はホタテづくし。お土産もホタテやウニが中心。


■昼食後、少し走って

   ウスタイベ千畳岩


ハマナスは終わりかけでしたが、

オレンジ色のハマナスの実がたくさんなっていました。

ジャムにすると美味しいそうです。


ハマナスと実


■ウスタイベ千畳岩へから2時間ほど走り、

   オムサロ原生花園

に到着です。


ここは広いので、散策路を内回りで一周します。

ハマナス、シロバナハマナス、エゾカワラナデシコ

等を見ることができました。


次は、今日の宿泊地、紋別へ向かいます。



エゾカワラナデシコ
ハマナスの実 シロバナハマナス


■三日目は紋別温泉で泊ります。

   紋別プリンスホテル


夕食は二つのコースを選べたので、

各々違うコースを選び、シェアーしました。
    ズワイガニしゃぶしゃぶコース
    ハマナス牛しゃぶしゃぶコース


食後、今日買った土産やこれまでの着替えを段ボール箱に詰め、

宅急便で自宅に送り、荷物を減らすことにしました。


■翌朝、ホテルの前庭では

   ラベンダー

が”お出迎え”、

さらに、街路の植栽帯にもラベンダーが咲いていました。

もちろん、マンホールも探しました。



ズワイガニしゃぶしゃぶコース ハマナス牛しゃぶしゃぶコース


コムケ湖、オホーツクラベンダー畑


■最終日、四日目(7/30)コムケ湖。

観光バスもめったに来ないとこらしく、

散策路の入り口が分からずバスがUターン。

ようやく入り口を見つけたものの、

先頭を歩くバスガイドさんが、

  途中で道が無くなった

と大騒ぎ。

結局、添乗員の案内で木道を発見。

何とかぐるりと一周散策出来ました。


板張りの小屋 福山雅治が撮影した中州かな?


■実は、コムケ湖に来る道筋でラベンダー畑が見えました。

そこで、予定には無いのですが、

添乗員さんも”コムケ湖散策”がイマイチと思ったのか、

道を見失った失敗を挽回するためか、

ラベンダー畑に急遽立ち寄ることになりました。

早咲きは終わりかけでしたが、

   濃紫(のうし)、白、、ピンク、おかむらさき

4種類のラベンダーが出迎えてくれました。

期間限定の

   ラベンダーシロップをかけたミルクソフトクリーム

を頬張りながら、

風に乗って漂ってくるラベンダーの香りを楽しみました。



ラベンダーシロップをかけたミルクソフトクリーム/280円


上藻別駅逓所


■オホーツク流氷公園を出て国道305号で山の中に入ります。

着いたところは

   上藻別駅逓所

ここは、鴻之舞鉱山の面影をとどめる場所です。


■古くから砂金が多く発見されることから、

近代になって現地調査を行った結果、金鉱床を発見。

大正6年には住友財閥が山を買い取り、本格的な開発に取りかかります。

1940年には年間で金2.5トン、銀46.22トンという国内では例のない生産量を達成しました。

人々の暮らしも賑わい、2,400人が収容、鑑賞できる劇場"恩栄館"もありました。

小学校も最盛期には網走管内最大の児童数を誇っていたそうです。

しかし、その後一転して採鉱量が減少し、

1973年に閉山となってしまいました。

(保存会ホ−ムペ−ジより引用)


■館内は当時の生活を彷彿とさせるものが一杯。

一つ一つ、保存会の方々が非常に丁寧に案内して下さいました。

この場所を愛しておられるのが、ひしひしと伝わってきました。

また、韓国映画「オイシーマン」(2008年/池脇千鶴)の撮影で

ヒョンソク(イ・ミンギ)が入浴したという”お風呂”も公開されていました。





■昼食は上川町の

  大雪・北の森ガーデン

で戴きました。オプションでしたので、

   いももち鍋セット

を注文しました。


メインは、山芋、キノコ、海苔の冷製うどんが3点。

最後の日ですので、

今回の旅行では初めて”昼食でビール”をいただきます。


■時間が有れば、北海道の草花を集めた

   森のガーデン(有料)

を散策したかったのですが、”また今度”です。


ここでは日持ちが必要なお土産として

   夕張メロンゼリー

を購入しました。





■千歳空港に入る前に、一日目にも寄った

   砂川ハイウエイ・オワシス

に再び入りました。

ここでは、お土産にメロンを買いました。


また、ここは試食がたくさん有るのも特徴です。

試食して美味しかった食品の中から

友人への土産に「バームクーヘン」も購入しました。

もちろんメロンも試食させていただきました。




■夕方4時頃に空港に到着。

十分余裕があるので、空港内をうろうろ。

添乗員に教えてもらったお店で、土産のかまぼこを購入。


また、機内でとる夕食用の弁当とビールも購入します。

弁当は、牛肉の太巻き

  白老牛ロール

その他

  焼き鯖鮨、海鮮味比べ

と三つも買ったので、

飛行機の中で、お腹いっぱいになりました。


■あいにくの天候でしたが、一瞬の晴れ間もありました。

たくさんの草花を見て、名前を教えてもらったのですが、

右から左の状態で、

帰ってきてから写真やパンフレットで名前を調べています。

追々、写真に追加していきます。






INFORMATION


INFORMATION

今回の”おでかけ”情報

■宗谷岬
 ●一般社団法人 稚内観光協会
 ●〒097-0022 稚内市中央3丁目6−1 キタカラ1階
 ●TEL/0162-24-1216 FAX/0162-24-0016
 ●オフィシャルホ−ムペ−ジ (外部リンク)

■道の駅/さるふつ公園
 ●宗谷郡猿払村浜鬼志別214番地7(国道238号沿い)
 ●TEL/01635-2-2311
 ●オフィシャルホ−ムペ−ジ (外部リンク)

■オホーツクラベンダー畑
 ●北海道立オホーツク流氷公園内
 ●〒094-0023 北海道紋別市元紋別101
 ●TEL/ 0158-27-4560
 ●オフィシャルホ−ムペ−ジ (外部リンク)

■上藻別駅逓所保存会
 ●〒094-0025 北海道紋別市上藻別
 ●TEL/0158-26-5110
 ●営業時間/ 9時00分〜16時00分
 ●オフィシャルホ−ムペ−ジ (外部リンク)

■北の森ガーデン
 ●〒078-1733 北海道上川郡上川町栄町40番地
 ●TEL/01658-2-2133
 ●営業時間/8:30〜17:00
 ●オフィシャルホ−ムペ−ジ (外部リンク)

■北海道一周で訪れたい観光地
 ●個人のツーリング・ホ−ムペ−ジです。
  細かく書かれているので非常に参考になります。
 ●ホームページ・利尻〜礼文







▼前(利尻・礼文2 ちょっとお出かけ・TOP 次(人形浄瑠璃)▲

「ちょっとお出かけ」へ戻る

「ご近所紹介」へ戻る

ホ−ムペ−ジへ戻る