KITAHATA URBAN DESIGN CORPORATION


親子ニジマス釣り大会
in 水無瀬川


平成13年 親子ニジマス釣り大会
水無瀬川で、恒例の「親子ニジマス釣り大会」が開催されました。
  時間 ;  27日(土)10:00〜13:00 雨天決行
対象 ; 小学生と保護者
場所 ; 水無瀬川尺代
主催 ; 尺代漁業協同組合(075-961-3074)
大阪府内水面漁業連絡協議会漁連
注意 ; 車でのご来場はご遠慮下さい
参加費は無料で、釣り上げたニジマスは全て持って帰ることが出来ます。
仕掛けや餌は持参して下さい。

平成11年の報告

日 時   平成11年10月24日(日) 9時受付開始  10:00〜13:00(小雨決行)  

 前日の「武庫一」での「タチウオ」釣りの予定が、仕事の都合で中止となり、今日はリベンジ?で気合い十分です。・・・のハズが、
   ”竿を忘れた?持ってこなかった?”
メンバ−が一人。何を考えてるんだか・・・。
 当然貸し竿は借りず、自分で岸の藪から竹を取ってきて、2ヒロほどの竿を作成。仕掛けは小生がプレゼントしました。


 今回の参加者は、<たけちゃん><YUKI>の中学生軍団を除く<いつもの釣りクラブメンバ−>プラス、小生の義理の弟と子供2人、プラス実の弟と子供3人、つまり、弟二人と甥姪達、総勢大人5人、子供6人であります。

 午前9時前に着いたので、結構良い場所「2堀」を確保できました。例年よりは空いているようです。10時を回ってしばらくすると、漁協のおっちゃん達がバケツに”ニジマス”をいっぱい入れて、水無瀬川に作った「釣り堀」へ入れてくれます。営業時は、1人用の場所に3〜4人が竿を出し結構窮屈ですが、メンバ−はみんな慣れてきたので、お祭りはほとんど有りませんでした。

 さて、放流直後から入れ食いが始まります。小生は、小学1年生の甥っ子<けん>をバックアップしました。餌(いくら)を付けて投げ込んで、竿を<けん>に渡すと、とたんに
   「おっちゃん、釣れた!」
釣れたニジマスを針から外し、飲み込んだ場合はハリスごと外し、餌を付けてやって投げ込み、再度<けん>に竿を渡す。と、又すぐ
   「釣れた!」
もうこれの連続です。 デジカメで写真を撮る暇もないくらいです。弟たちも子供一人の面倒を見るのが精一杯の状態。
 今年は以前に比べ入れ食いモ−ドが長く、子供達は大喜び。1時間くらいは続きました。さすがにそれくらいになると、魚もすれてきて、子供達も釣れなくなり飽きてきます。今年は2回目の放流はありませんでしたが、それからやっと大人が釣らせてもらいました。釣れなくなってからの”すれた魚”とのやりとりがが面白いんです。今年は”いくら”以外の餌を用意していなかったので、なかなか釣りづらかったです。ばあちゃんが、孫(小生にとっては甥姪)のために、持たせてくれた蒸かした「サツマイモ」を、子供が見ていない隙に少しいただき、針に付けましたが、釣れませんでした。釣れたのは、少し誘ってタイミングの合った時だけです。

 結局、正午までで、小生の兄弟3人で幼児を除く子供達のため3本竿を出し、60匹以上の釣果でした。クラブとしては、100匹を越たはずです。まさに大漁でした。
 
 取れ取れのニジマスは、20匹ほどを(小生の小学校の時の先生が定年後働いているので)「島本障害者共働作業所」へ持って行きました。
  「センセ、このニジマス、売ったらええやん」
と言っておいたのですが、どうしゃはったでしょう?

 残りのニジマスを、知り合いや社員の人に配り帰宅すると、家では弟がニジマスの刺身を造っていました。
これが絶品!氷で締めているので歯ごたえもあり、臭みも消してあって、思わず昼間からビ−ルを戴いてしまいました。ごちそうさまでした。

******************* 行事案内 *******************

★ところ/大阪府三島郡島本町尺代:水無瀬川
★対象 /小学生とその保護者
★参加費/無料/この日1日だけです。通常は有料です。
★持ち物/さお/えさ/大きな入れ物(バケツ等)
★主催/尺代漁業組合/075−961−3074(小西組合長宅)+大阪府内水面漁業連絡協議会

●釣り上げた魚は全て無料で持って帰ることが出来ます。初心者でも道具さえちゃんとしていたら、たくさん釣れます。
●「車でのご来場はご遠慮下さい」とのことです。
●餌は”いくら”を事務所で売ってます。例年、1箱400円です。これで一人分有ります。
●仕掛け
市販の「ニジマス仕掛け」で十分です。道糸にタマウキを付け、板錘で調節します。浮き下は釣り場に合わせ、底を切ったくらいにします。(だいたい矢引程度)
/道糸=1.5号/ハリス=0.6〜1号 40〜50センチ
/針=5〜7号。あまり小さいと頻繁に飲み込まれます。7号でも十分釣れます。
/竿=断然渓流竿(3.6m〜)が有利です。子供達はバス竿を良く持ってこられますが、手返しが悪く、短いせいもあってニジマスの居るところに届かず(山側は立入禁止なので、ニジマスはどうしてもそちらへ逃げます。)釣果が上がりません。
●たくさんの人がいっぺんに釣るので、互いのためにお祭りには気を付けましょう。
●放流直後の入れ食いモ−ド時の手返しを速くするため、針を飲み込まれたら、ハリスごと外しましょう。道糸の先に”ハリス止め”を付けておくとハリスの取り替えが速いです。
●山側や堀と堀の間は立入禁止です。堀全体を人が取り巻いてしますと、すぐに釣れなくなります。短い竿の人は、ついつい魚の居る方へ行ってしまいますが、みんながたくさん釣るためのマナ−として守りましょう。



台風のため「平成10年」は中止でした。


平成9年の報告
ニジマス釣り釣果40匹    
日 時   平成9年10月19日 9時受付開始
ところ    大阪府三島郡島本町尺代:水無瀬川
対 象   お父さんと小学生
参加費   無    料(この日1日だけです。通常は有料です。)
持ち物   さお、えさ(エサは”いくら”を事務所で売ってます)
主 催   尺代漁業組合
 10月19日 9時受付 10時開始の予定でしたが少し早めに始まりました。
二人の五年生(息子とその友達)は、放流直後から入れ食い状態。しばらくしてマスがすれてきたけれど、子供達が飽き始めた頃を見計らってか、11時過ぎくらいに、2度目の放流。
 二人で約40匹の釣果。親戚の幼稚園の子もお父さんががんばって、15匹以上釣れていた模様。みんなほくほく顔でした。
お隣に、ルア−釣りの子を連れたお母さんがいました。周りが爆釣なのにこの親子には、1匹も釣れません。結局は、私の竿と餌を貸してあげました。ここの状況では、ルア−は難しいと思います。
ニジマスを放流した後の10分間、手返しの早さが釣果を左右します。おとうさんは、裏方に回って、針をはずす役をして下さい。
 この催しは、毎年有るのでまたお知らせします。(α記)



感謝の意味で
水無瀬川釣り場案内 

 
6月〜8月
鮎友釣り 年5,000円 日券1,500円〜3,000円

春秋冬
10月〜3月 
あまご : 1日券 3,500円
にじます ; 大人3,000円 子供2,000円
(エサ、フライ、ルア−)


尺代漁業組合075−961−3074(小西組合長宅)


釣りクラブへ戻る

釣り紀行へ戻る

ホ−ムペ−ジへ戻る