北畑都市設計・HOME釣りクラブ釣り日記/平成20年(08)明石のタコ

      
KITAHATA URBAN DESIGN CORPORATION

 ボートで明石ダコ



明石市東二見/ぴかちゅう号
H20/8/24(小潮)

▼前の釣り日記次の釣り日記▲


■ マイボートの釣り ■
 
加西☆中谷さんから
  ”うちの船に乗ってみませんか?”

とメールがありました。

 多少、船酔いの不安もありましたが、

今年のイサギやタチウオでは全く酔わなかったので、

せっかくのお誘いでもあり、お世話になることにしました。

 おまけに、

  ”あと1〜2名は乗船可能ですよ。

   (定員は6名ですが3〜4名が釣りやすいです)

   ご一緒出来る方がいればお誘いくださいませ。”

との暖かいお言葉。

そこで遠慮無く、船に強い、沖一文字さんとおかZさんに声をかけました。


■ 明石のタコ ■ 

 
中谷さんのマイボート”ぴかちゅう号”は23フィート(約7m)。

ボートと言うよりもう船です。

釣り堀でご一緒した”畳屋さん”のボートも同行です。


 ポイントに着いて周りをよく見ると、何処かで見た風景。

そうそう、”本荘ケーソン”と呼ばれる加古川市の東播磨港の赤灯と白灯が見えます。

 タコ釣りはテンヤ仕掛け40号。エサは、カニ、とり、キャンディ(疑似餌)。

沖さんとおかZさんは竿釣り、中谷さんと私は手釣りです。

船を赤灯付近から東に流し、蛸壺のブイの手前で元へ戻ることの繰り返しです。


釣り初めてしばらくしてから、沖さんが小型をゲット。

おかZさん、中谷さんと続きましたが私は当たりすら解らず。

 ま、いつものことなので、根気よく続けていると、

コトコトと海底を擦る感覚が、グーと引っ張られる感じに・・・・・。

クックと引っ張って聞いてみると、確かな重み(^_^)v 思いっきり合わせました。

上がってきたのは800g程度のマダコでした。


 その後、おかZさんと中谷さんは次々とタコを釣り上げます。

私も追加しましたが、小型を一匹で終わりました。


10時過ぎからは、おかず釣りのため、

少し沖のアジ釣りのポイントへも連れて行ってもらいましたが、

口の鋭いものがいるらしく、すぐにサビキ糸を切られてしまい、

釣果は上がりませんでした。


 今日の状況はは、いつもより大分渋かったとのことですが、

初めてのボート釣りは、のんびりと楽しいものでした。


中谷さん+畳屋さん、ありがとうございました。
 


■ 反省会 ■

今回も座布団は正解でした。お尻は全く痛くありませんでした。

また、「アネロン」を飲んでいたことも有り、

後半は浪風強くなってきましたが、全く酔いませんでした。

加西☆中谷・船長 全員の釣果
生け簀のタコ 締めてから腸撤去

■釣れた仕掛け

■船の手釣りタコ仕掛け

項目 手釣り仕掛け詳細 メ−カ−
道糸   テトロン(中谷船長仕掛け) 船長から借り物
仕掛け   ワンタッチキラキラテープ+タコテンヤ(タコスルー40号/2本針) HAYABUSA
タナ・エサ   タナ=底、   エサ=かに+豚の脂身 船長からいただき物



■インフォメ−ション
■服 装

  Tシャツ、ライフジャケット(必須)、帽子、サングラス、長靴(運動靴は濡れます)

■必需品

  ク−ラ−ボックス(15リッタ−以上)、酔い止め薬、船竿、仕掛け

  座布団、ハサミ、ぺンチ、手ぬぐい、眼鏡ホルダー、ゴミ袋

  飲み物、食べ物、ぞうきん用タオル、カッパ

■有ると便利なもの

  冷水(酔い止めを飲むためと、”冷感持続スカーフ;マジクール”に浸透させるため)

/山崎/2:30−→3:00/”沖一文字”宅/3:20−→3:50/おかZさん宅−→コンビニ/4:10−→名神豊中−→阪神高速−→湊川IC−→エサ光/4:40−→5:10/まるは釣具二見店−→南二見ボートパーク/乗船6:00〜帰船13:00

帰路/南二見ボートパーク/昼食/14:30−→明石西IC−→明石SA(ソフトクリーム)/14:50−→阪神高速−→おかZさん宅/16:00−→沖宅16:30−→タコの嫁入り17:00−→山崎/18:00

加西☆中谷さんのホームページ/ 「下手の釣り好き」

少し買い足して晩餐です 醤油皿も持ち上げる吸盤です
2日ほど天日乾燥し、あぶってみました。
縮んでいたのが再びふくれあがり、味が凝縮されてました。
でも、歯の悪いうちの爺ちゃんは、噛み切れませんでした。



▼前の釣り日記このページのTOP次の釣り日記▲

釣りクラブへ戻る

ホ−ムペ−ジへ戻る