北畑都市設計・HOME釣りクラブ釣り日記/平成24年(2012)>明石沖で鯛ガシラ

      
KITAHATA URBAN DESIGN CORPORATION

 明石沖で、鯛ガシラ釣り

明石市東二見/ぴかちゅう号
H24/5/19(中潮)
旧暦閏3月 29日/月齢27.8

▼前の釣り日記次の釣り日記▲


■ 真鯛釣り ■ 
 
加西☆中谷さん”からお誘いがあり、

    「ピカチュー号」

に同乗させていただきました。

5時30分に明石西IC近くの「まるは釣具二見店」で待ち合わせ、

出航準備の後、6時半頃に東二見港から出船です。


風が強そうなので、中谷さんが熟慮の末、

最初は淡路・江崎灯台沖で、

サビキでアイナメ狙いとなりました。

しかし反応がないので、明石大橋付近へ移動し、鯛を狙います。


8時頃から釣り始めました。

底を取り、ゆっくりと10回くらい巻き上げます。

後はこれの繰り返し。

中谷さんの知り合いの船が2匹釣りましたが、

こちらにはアタリすらなし。
そんな中、加西☆中谷さんが、小振りの鯛を一匹釣り上げました。




■ ガシラ釣り ■

 

鯛の釣果が思わしくなく、他の船も連れていないようなので、

主塔近辺での「ガシラ釣り」に切替ます。

最初、冷凍イサザで釣っていましたが、

「畳屋さん」から「生きたイカナゴ」を貰い状況は一変。

パタパタと釣れるようになりましたが、長くは続きませんでした。




二人の釣果


■ 反省会 ■


ガシラは煮付けで戴きました。

船上で内臓を取り、血合い等をブラシでよく洗い落とし、

鱗も取りました。

煮付けもネットでレシピを調べ、

一手間も二手間も掛けて作ってもらったので、

臭みもなく、プリプリで身も深く、非常に美味しかったです。





■仕掛け

■船の鯛、ガシラ仕掛け
項目 仕掛け詳細 メ−カ−
竿   船長から借り物 1号程度
リ−ル   船長から借り物 (両軸リール)
道糸   不明
仕掛け   鯛/真鯛サビキ9号
    /ハリス5−幹7/5本針を3本で使用
  ガシラ/ガシラ五目・胴突き11号
    /ハリス2−幹3/2本針/
  メバル/しらすウィリー・胴突き1号、 (メバルサビキ)
    /ハリス0.8−幹1.2/7本針
  錘/40〜50号
ハヤブサ
タナ・エサ   タナ/底近く
  ガシラ/えさ=冷凍イサザ
まるは釣具店

■インフォメ−ション

■服 装

  Tシャツ、釣りチョッキ、ライフジャケット(必須)、帽子、サングラス、長靴(運動靴は濡れます)

■必需品

  ク−ラ−ボックス(15リッタ−以上)、酔い止め薬、(仕掛けは借り物)

  ハサミ、ぺンチ、手ぬぐい、軍手、眼鏡ホルダー、ゴミ袋

  飲み物、食べ物、ぞうきん用タオル、カッパ(早朝の防寒兼用)

■有ると便利なもの

  冷水(酔い止めを飲むため)

/3:30起床/4:00発−→(名神工事中)−→4:30/阪神高速・守口−→阪神高速3号神戸線−→明石西IC−→5:30/まるは釣具二見店−→コンビニ−→南二見ボートパーク/乗船準備/出船6:30−−7:00/淡路・江崎灯台沖(アイナメ狙い)−−8:00/明石大橋(鯛狙い)−−9:00/淡路側主塔付近(ガシラ)−−10:00/垂水側主塔付近(ガシラ)−−10:50/淡路・岩屋沖(ガシラ)−−11:20/淡路・野島沖(アオリイカ)−−帰船12:50/魚処理・後始末

帰路/南二見ボートパーク/14:00発−→明石西IC/14:20−→阪神高速−→名神高速−→帰宅/16:00


加西☆中谷さん
 /ホームページ/ 「下手の釣り好き」 
 /ブログ/ピカチューの釣り日記

■過去のボート釣り
H23/ 9/23 ボートでツバス釣り
H23/ 7/30 ボートでタコ釣り
H22/ 8/28 ボートで太刀魚とタコ
H21/10/11 明石海峡ボート釣り
H20/10/13 ボートでツバス
H20/ 9/14 ボートでタチウオ
H20/ 8/24 ボートでタコ

ガシラの煮付け



▼前の釣り日記このページのTOP次の釣り日記▲

釣りクラブへ戻る

ホ−ムペ−ジへ戻る