北畑都市設計・HOME釣りクラブ>釣り日記/平成30年(2018)>釣り人組合/明石タコ釣りパーティー!

       
KITAHATA URBAN DESIGN CORPORATION

釣り人組合
明石タコ釣りパーティー!


蛸のお刺身

魚英(明石沖)H30/5/27・若潮
(旧暦4月13日/月齢11.6)


前(トラウト&BBQ/次の釣り日記▲

釣日記(詳細)
釣り紀行(メモ)
公園・波止案内
釣りリンク集
ハサミで三枚おろし

下のボタンを押すとご覧のページを
facebookシェアーすることが出来ます


タコのみです

5月21日(日)、

『釣り人組合』の”明石タコ釣りパーティー!”が、

明石の”魚英”の船三隻を貸し切り、開かれました。

申込先着順に約40名が参加。
沖一文字さんの勧めで早めに申込、

運良く参加することが出来ました。


パーティーでは、

一匹重量競技で釣果を競い、

釣り関連メーカー等からの協賛品で

入賞順に全員に賞品が当たります。

まずは、船タコ・ベテランの”加西☆中谷さん(ピカチュー船長)に

昨年教えてもらった”アドバイス”を再勉強。

まず、全体構成について。
(以下枠内は、昨年の”加西☆中谷さんアドバイス)

 


おすすめは、タコエギで、錘50号位。

テンヤは回りの方とオマツリしやすいので避けた方が良い。

竿は専用か、太刀魚用の竿がおすすめ。

けど、先が柔らかく胴がしっかりした軽い2m位の竿なら何でも大丈夫。

道糸は2号なら8号のフロロカーボンのリーダーを1m程。

2.5号なら10号、3号なら12号のリーダー。

これ以上太いとオマツリの原因になります。

特にこの時期深いポイントも攻めることもあり、細い糸は必要。


次に釣り方について。

 


釣っている上手な人を真似する。

エギは底から離さず、引き摺らないようにする。

余計な糸は出さない。

錘のゴトゴトがなくなれば前アタリで、

小刻みにシェイクしてから大アワセします。

小刻みにシェイクすると、

エサが逃げると勘違いして、しっかり抱きつくらしい。

タコエギは、何でも大丈夫。

でも安物は、ばらつきが多いので予備があると安心。

何個かにひとつ、針が曲がっていたり釣ったとき針が抜けたりする。

メーカー物は(ハリミツやハヤブサ等)検査してるので安定してます。

色は、好みで十分。

白や黄色等の目立つ色が良さそうですけど、黒なんかも良いかも。

なるべく大きく丈夫なトリプルサルカンで繋ぎます。

最近は、専用のサルカンでエギ2本付ける方も多い。

あと、タコ用スッテも良い。

釣った時に針を外すのに、エギ本体を持たずに針の根元を持つ。

でないと、タコの重さで簡単に針が折れます。

以上を参考に、

昨年購入した”タコ専用竿”に道糸PE2号に、

8号フロロカーボンのリーダーを1mを電車結び。

「船タコツインスイベル(L)」も

サルカンは使わず、リーダーに直接結びました。

できるだけシンプルな仕掛けにします。

エギは”ハリミツ”の「蛸墨族」25gと35g

と言う仕掛けです。


錘は、最初六角錘50号で始めましたが、

潮が速く流されるため、

お祭りの危険性も高まるので、

直ぐに60号に変更しました。



2号船/中央麦わら帽が沖一文字さん、その向かって右(赤帽)が私


お祭りを避けるため、

常に釣座の真下に仕掛けがあるように錘を落としました。

誘いは、錘で底をトントン叩いては竿を細かく振り、

エギを踊らせるイメージです。


当初アタリもなく、渋い時間が過ぎていきましたが、

何とか最初のアタリを取り込むことが出来ました。

釣果は、700g。

これで、何とか9位に入ることが出来ました。

景品に主催の松村計吾さん監修の「ダンシングシンカー」と

北海道銘菓「白い恋人」等を頂きました。

釣果は二桁まで後一歩の9匹でした。


表彰式の後、

残ってる賞品をジャンケン大会で分けるのですが、

今回も完敗でした。


帰宅後検量のために内臓を取らなかったタコのお腹に卵を発見。

久しぶりに珍味を味わうことができました。


一緒に釣行した『釣り人組合』の皆さん、ありがとうございました。


よく釣れました 左のをロストしたので似たようなエギで
沖一文字さん 私/良い調子でした
1位は2.1kg 表彰式/永田マリさん
ジャンケン大会 トモチンと・・・


釣ったタコは一旦冷凍後、

一部をご近所や友人にプレゼント。

たこ飯は、

昨年の永田 まりさんの

  「絶対美味しい」

とのアドバイスに従い、

今回も干すことにしました。

釣果/max700g、9杯 ダンシングシンカー
タコの卵

たこ飯用に軒下で1日半干しました


★釣り情報★

 

■仕掛け

■タコ仕掛け
項目 仕掛け詳細 メ−カ−
竿  FEATURES・明石タコ180(錘負荷40〜120)
 /長さ=1.8m/8:2調子) 
Alpha Tackle
リ−ル  DYNASTER 3000DX  (両軸リール) DAIWA
道糸  DONPERE PE−2号/150m GOSEN
仕掛け  胴突き/錘60号(潮の速さに合わせて)
 リーダー8号1m
 船タコツインスイベル(L)
 タナ/底=15〜40m前後
エギ  蛸墨族 25g、35g/黄色、赤白ゼブラ他  ハリミツ

■持ち物

■服装

/長袖シャツ、Tシャツ、長靴(バケツ生け簀の海水で濡れます)

/ライフジャケット、ポシェット(キー、財布入れ)、眼鏡ホルダー

/帽子(キャップホルダー付)、カッパ(船上は風があるので防寒用)、

■必需品

/ETCカード、ティッシュ、竿、リール、エギ、錘、

/船タコツインスイベル(L)、タコスカリ(網)、バッカン(荷物入れとして)

/ゴミ袋、ペンチ、ハサミ、タオル(水くみバケツは船にあり)

/飲み物(お茶500ml×3本)、朝食、昼食、おやつ、氷、ク−ラ−ボックス(20g)

■有ると便利なもの

/濡れタオル(帰り、車を運転する時、これで顔を拭くとスッキリする)

/濡れタオルと氷を入れたクーラー(15g/車中に放置)

■データ

■釣り人組合関連イベント
/2018-05-27/明石タコ釣りパーティー!(今回)
/2018-04-22/トモチンの「トラウト&BBQカップ」
/2017-10-15/トモチンの「トラウト&BBQカップ」
/2017-10-07/焼き肉パーティー/肉のオカダ
/2017-09-03/タチウオパーティーIN泉佐野・ジギング&テンヤでプチ大会!
/2017-05-21/明石タコ釣りパーティー!

■「魚英」情報
〒673-0894 兵庫県明石市港町21-5
078−917−1285/090−2356−7314
受付時間:8:00〜20:00

/ライフジャケット着用です。

/氷・仕掛け・ルアーの販売、竿のレンタル有り

魚英・オフィシャルHP(外部リンク)

魚英・ブログ(外部リンク)


■アクセス

往路=自宅/2:40起床/3:00発−→コンビニ/3:10−→高槻IC−→大蔵IC−→明石港4:20/乗船5:00〜12:30納竿/帰船13:00/表彰式、ジャイケン大会

復路=明石港/14:30−→大蔵IC−→15:30吹田/仮眠15:50−→高槻IC−→自宅/16:20


集合写真/友鳩さんは仕事で先に帰りました
(画質を落としています)



▼前(トラウト&BBQこのページのTOP次の釣り日記▲

釣りクラブへ戻る

ホ−ムペ−ジへ戻る

下のボタンを押すとご覧のページを
facebookシェアーすることが出来ます

下記は広告です(広告ページへ移動します)