TOPうんちく今、土木が熱い!土木見学土木見学リストねじりまんぼ>No9-六把野井水拱橋

KITAHATA URBAN DESIGN CORPORATION

六把野井水拱橋

平成27年2月28日撮影


三岐(さんぎ)鉄道・北勢(ほくせい)線

■平成27年2月28日、

今回は、「三岐鉄道北勢線」の

  ねじり橋とめがね橋

が目的地です。
前回同様、高校以来の友達たけちゃんと、HIROさんの三人旅。


名神八日市ICから東近江・八風街道(はっぷうかいどう)を東に走り、

道路際に雪が残る山道に入って、

石榑トンネルを通り抜けて三重県いなべ市へ。

路面が凍ってないか心配しながらの山越えです。


■ねじり橋、正式には「六把野井水拱橋(ろっぱのいすいきょうきょう)」、

めがね橋は、「明智川拱橋(あけちがわきょうきょう)」。

拱橋(きょうきょう)とはアーチ橋のことで、

共に土木学会選奨土木遺産に指定されています。


一時間に一本しかない”黄色い電車”とのコラボも撮影できるか?

これも今回の楽しみです。



明智川拱橋(通称めがね橋)

■国道421とイオンのある国道365との交差点からしばらく進むと、

見えてきました3連アーチ橋が!!

明智川拱橋(通称めがね橋) はコンクリートブロック製の3連橋で、

ねじり橋「六把野井水拱橋」の西、約200m強の場所にあります。


■現着したのは11時少し前。

事前に調べた北勢線の時刻表では、上りと下りの電車が来る時間です。

しばらく待っていると近くの踏切から”カン・カン”と言う警告音。

正確な通過時間までは解らなかったので、

あわててカメラの準備をします。


西の麻生田(おうだ)からやってきたのは

4両編成、クリーム色と深緑のツートンカラー電車。

北勢線はナローゲージ(軌間762mm)の車両。

お目当ての”黄色い電車”では有りませんが、シャッターを切ります。

自転車程度のスピードなので、何枚も写真を撮ることが出来ました。



明智川拱橋(通称めがね橋)
右の森の中に「六把野井水拱橋」が有ります
明智川拱橋(通称めがね橋)
橋脚から


■しばらくすると今度は東の楚原(そはら)方向から

通称「マッチ箱電車」とも呼ばれている3両編成の”黄色い電車”がやっていました。

ここは、シャッターチャンスです。


■帰り際にコンベックスとレーザー距離計を使って観測。

アーチをなすコンクリートブロッのク形状は

   28cm×28cm×60cm

アーチの内径は

   L=5.78m

水衝部の幅

   B=1.22m

巾員は「六把野井水拱橋」とほぼ同じ

   W=2.44m。

ちなみに土木学会のホ−ムペ−ジでは、

   橋長=24.08m  スパン=7.01m(3連アーチ)

となっています。

  L+B=7.00m≒公式スパン 7.01m

ですから、観測寸法とほぼ同じです。


明智川拱橋(通称めがね橋) と「マッチ箱電車」
橋の右下にたけちゃんが小さく写ってます
これがその時のたけちゃんの写真
鈴鹿山脈の竜ヶ岳をバックに



六把野井水拱橋(通称ねじり橋)

■上下の電車を見送って、

お隣のねじり橋へ、歩いて向かいます。

六把野井水拱橋(ろっぱのいすいきょうきょう)は

    正径間 5.9m、斜径間 9.1m、巾員W=2.5m

    斜架角 θ=40度、 起拱角 β=37度

と、堂々たるねじりまんぽです。

また、現存するねじりまんぽでは、

唯一のコンクリートブロック製です。



南面
北面
尋常ではないねじりです
造った人達の銘板/工事を請け負った郡竹治郎の名が左端にあります
実測起拱角 β=37度 付近のサイン
明るすぎて距離計のレーザが見えないので、プレートを置いてもらっています。


■まだコンクリートが珍しかった時代。

東京駅(大正3年(1914)竣工)ですら

鉄骨煉瓦造(コンクリート造床)で建設された時代。

鈴鹿山麓の地方鉄道で試みられた、凛とした土木構造物だといえます。


出所は不明ですが、建設中の写真も公開されています。

当時の人達の心意気までが伝わってきます。


■六把野井水拱橋は大正5年(1916)竣工。

以来100年、鉄道橋梁としてその荷重に耐え、

今も現役で働く姿に感動です。


六把野井水拱橋、建設中の写真/クリックで大きな写真
海外のコンクリートブロックねじりまんぽ
施工中の写真/1898
Sickergill Skew Bridge over the River Raven at Renwick
(上2枚は100年以上前の写真で、著作権が切れているので掲載しました)


■写真をとったり計測したり、あっという間に1時間。

11時43分麻生田(おうだ)発上りと

11時51分楚原(そはら)発下りの列車が通過する時刻です。

踏切が鳴るだろうと思っていたら、今度は全然聞こえません。

再び油断を突かれ、上り電車がやってきました。


またまた、あわてて明智川拱橋の通過場面を撮影。

走って六把野井水拱橋に戻ろうとしましたが、

今や学生時代陸上部の面影もなく・・・・・・・間に合いませんでした。


しかたなく、年相応に次の列車を現場で待ちます。

すると、しばらくして楚原(そはら)発下りの列車が通過。

これも黄色い電車。ラッキー!!

今回は上手く撮れました。


麻生田(おうだ)発上り⇒/私・・・走ってます(たけちゃん撮影)
←じっくり待って撮った楚原(そはら)発下りの列車


■気がつけば12時を回っています。

お腹が空きながらの帰路、

蕎麦が名物らしいので、適当なところを探しながら、

八風街道まで戻ってきました。


永源寺近くで目に入った

   レストラン「ふる里」

で 昼食をとることにします。

その後、永源寺を参拝します。⇒詳しくはちょっとお出かけ>永源寺をご覧下さい。


データシート


図−β実測値と理論値の比較(クリックで拡大図)

■坑門角α=斜架角θとした場合、

斜架角 θ=40度のβ(起拱角)の理論値は37°

実測値も37°で理論値とぴったり同じです。


文献2)「鉄道と煉瓦」に記されている

    斜架角θ=40°

とも合致します。


以上の調査データをまとめ、データシートとしてPDFにしました。

  ⇒⇒No9 六把野井水拱橋 調査データ(PDF)
    

■なお上記「調査ーデータ」を作成するにあたっては、下記の考えに従いました。

●ねじりまんぽの番号
 /「鉄道と煉瓦」表4-1”一覧表”(P117)における番号を採用。

●方向
 /東西南北の表示は主たる方向とした。

●経度緯度
 / 国土地理院地図-航空写真閲覧サービス より求めた。

●煉瓦形状
 /手作り煉瓦であるので寸法にバラツキがある。故に代表値。

●積み方/イギリス積み、オランダ積みの区分 (今回は無関係)
 /コーナーの仕上げ形状により、イギリス積みとオランダ積みが区分されるので、
 /文献「鉄道と煉瓦」にならい、一般的に”イギリス積み”と表記。
 /ただし、コーナー部が”オランダ積み”と確認できたもののみ”オランダ積み”と表記。

●θβの左右区分
 /「鉄道と煉瓦」にならい、側壁に向かってアーチの煉瓦が右上がりの場合「右」 、左上がりの場合「左」 と表記。

●中心キロ程(今回は不明)
 /現行距離程による。(開業時とは異なる)

検  証

■2.5mと言う狭い幅員なのに、

   何故、普通のコンクリートブロックアーチ橋

にしなかったのか?と言う疑問が残ります。

用地幅は増えますが、その方が簡単です。

高さが合わなかったのでしょうか。

技術を示したかったのかもしれません。


■検証してみます。

この橋梁を半円アーチ橋で1連で造った場合、

径間が3m伸びる必要があります。

その場合の径間は9.1+3=12.1m、

アーチ高はその1/2ですので h2=6.05mとなります。

とても今の地盤面からの高さでは無理です。


■欠円アーチにした場合でも、

アーチ高は、3.8mとなります。

(山崎煉瓦アーチ群「老ノ辻3連橋」「神足6連橋」に準じて、

アーチ高=0.55×半径R としました。)


■一歩譲って2連にした場合、単純二等分としても、

橋脚幅を考慮して、アーチの高さ h2=約2.7mとなります。

今より低くはなりますが、

水路と里道の間に橋脚が必要です。

お隣の明智川拱橋の例では厚さ1.2m以上です。

里道か水路か、いずれかを捻らなければなりません。


これを「ねじりまんぽ」とすれば、

正径間は5.9m、アーチ高はたったの2.9mです。

橋脚も入らず、水路も今までどおり里道もまっすぐ通せるのです。


■ミソはここに有ったのでは無いでしょうか。

当時の人はどう考えたのか?

大正時代の大先輩達の思考に思いをはせるロマンです。


■下の写真は、たけちゃん作成の展開図と模型です。

たけちゃんのブログより⇒Day by day(外部リンク)(あたらしい画面が開きます)



六把野井水拱橋/位置図









INFORMATION

参考文献、リンク

参考文献

1) 斜架拱(しゃかきょう)
/伊藤鏗太郎(イトウ コウタロウ)編訳/1899年(明治32年)

 我が国で初めて斜架拱”ねじりまんぽ”を単独で取り上げた書物と思われます。
 国立国会図書館・蔵書検索システム(外部リンク)で検索すると、原著のPDFデータを閲覧ダウンロードすることができます。


2) 鉄道と煉瓦−その歴史とデザイン

/著者;小野田 滋(おのだしげる)/鹿島出版会/2004発行

 煉瓦の歴史や組積方法鉄道構造物としてのデザイン等について記されています。
 全国45都道府県を調査した”足で書かれた論文”で、現在も購入可能です。


3) 阪神間 ・京阪間鉄道における煉瓦 ・石積み構造物とその特徴

/著者;小野田 滋/土木史研究 第20号/2000.5

 京阪神間の煉瓦 ・石積み構造物の特徴を捉え、現地調査結果をまとめています。(PDF/外部リンク

4) 組積造による斜めアーチ構造物の分布とその技法に関する研究
/著者;小野田 滋、河村清治、須貝清行、神野嘉希/土木史研究 第16号/1996.6

 「ねじりまんぽ」の分布や技法についてまとめた論文です。(PDF/外部リンク

5) 関西地方の鉄道における「斜架拱」の分布とその技法に関する研究」

/JR西日本 河村清治、小野田滋、木村哲夫、菊池保孝/土木史研究 第10号/1990.6

 JR西日本管内の「ねじりまんぽ」を本格的に調査し、まとめています。(PDF/外部リンク


外部リンク

■Day by day

 私の学友にして現役の土木技術者”たけちゃん”が、趣味で解析する
       ”ねじりまんぽ”の技法とその疑問
 「斜架拱(しゃかきょう)」に基づいて”ねじりまんぽ”の展開図や模型を作っている
 超!!お奨めのブログです。⇒Day by day(外部リンク)
 (あたらしい画面が開きます)

  ■六把野井水拱橋
    /Vol−1Vol−2/Vol−3/Vol−4
  ■篠津川橋梁についての検証
    /Vol−1Vol−2Vol−3Vol−4
  ■兵田川橋梁についての検証
    /Vol−1Vol−2
  ■旧東川橋梁についての検証
    /Vol−
  ■第91号橋梁についての検証
    /第91号拱渠 八木のねじりまんぼ
  ■狼川トンネルについての検証
    /斜拱施工法 「土木施工法」(鶴見・草間)より
    /古書発見 鶴見・草間の「土木施工法」
    /ねじりまんぼのペーパクラフト?
    /狼川 天井川のねじりまんぼ蒼い空の満月の日には
  ■茨木で”ねじりまんぽ”を発見
    /130年前のトンネル
  ■”ねじりまんぽ”をExcelで解く
    /3次元建築構造解析トンネル断面
  ■参考にした文献
    /ねじりまんぼ「鉄道と煉瓦」
    /「斜架拱(しゃかきょう)」−1斜架拱−2
  ■設計に着手
    /展開図施工準備写真展開力学論文算式
  ■茨木のねじりまんぽ
    /茨木ステンション田中の丸また富田のレール
  ■インクライン
    /花見のねじりまんぽインクラインの考察
    /雄観奇想ねじりすぎ
  ■ネジリマンポの時代
    /時代背景明治初頭今昔マップ鉄道忌避
  ■ねじりまんぽ探索
    /JR京都線馬場丁川はおもしろい
  ■ねじりまんぽ建設
    /藤田組黒鍬者募集施工方法;砂箱
    /アーチウイング無事竣工


■疎水の散歩道
>技術>建設工事(外部リンク)

 「ねじりまんぽ」の名前の由来についても詳しいホームページです。



弊社内部コンテンツ

■ねじりまんぽの紹介


 ■ねじりまんぽ/本編  番外偏/矢穴車石 

■ねじりまんぽ探検済

 ■No4-眼 鏡 橋(えちぜん鉄道)/福井県坂井市三国町宿1丁目

 ■No7-小田原川橋梁(JR東海道線)/岐阜県不破郡関ヶ原町野上

 ■【新規】穿屋川橋梁(JR東海道線)/岐阜県不破郡関ヶ原町野上
  「鉄道と煉瓦」に記載無し

 ■No8 烏谷川橋梁(JR関西本線)/三重県伊賀市柘植町

 ■No9 六把野井水拱橋(三岐鉄道北勢線)/三重県いなべ市員弁町下笠田

 ■No11-市三宅田川橋梁(JR東海道線)/滋賀県野洲市野洲512付近

 ■No12-旧狼川トンネル(下)(JR東海道線)/滋賀県草津市南笠東1丁目〜2丁目

 ■No13-兵田川橋梁(JR琵琶湖線)/滋賀県大津市杉浦町4〜別保3丁目7

 ■No14-篠津川橋梁(JR琵琶湖線)/滋賀県大津市中庄2丁目〜別保3丁目

 ■No15-旧東川橋梁(JR東海道線)/滋賀県大津市逢

 ■No16-馬場丁川橋梁(JR京都線)/京都市西京区牛ケ瀬奥ノ防町

 ■No17-円明寺架道橋(JR京都線)/京都府乙訓郡大山崎町字円明寺

 ■No18-第248橋梁(関西本線)/京都府相楽郡南山城村北大河原荷掛

 ■No20-第91号橋梁(JR嵯峨野線)/京都府南丹市八木町八木

 ■No21-ねじりまんぽ(インクライン・琵琶湖疎水)京都市東山区東小物座町

 ■No22-奥田畑橋梁(JR京都線)/大阪府高槻市梶原5丁目

 ■No23-門ノ前橋梁(JR京都線)/大阪府茨木市上泉町

 ■No25-安井橋梁(JR神戸線)/兵庫県西宮市安井町
  【目視できず】/「さくら夙川駅」の工事のため平成18年に撤去又は埋殺しされたもよう。

 ■No26-東皿池橋梁(JR神戸線)/兵庫県西宮市郷免町

 ■No27-木杣上谷橋梁(JR神戸線)【撤去】/兵庫県西宮市郷免町


 注)番号(No.**)は、「鉄道と煉瓦」表4-1”一覧表”(P117)における番号を採用しています。



TOPうんちく今、土木が熱い!土木見学土木見学リストねじりまんぼ>No9-六把野井水拱橋



ホ−ムペ−ジへ戻る