HOMEうんちく今、土木が熱い!マンホールの蓋三重県>伊賀市


KITAHATA URBAN DESIGN CORPORATION

上を向いたら落っこちる、下を向いたらきりがない
路上の芸術・マンホールの蓋
マンホール美術館


● 三重県・伊賀市 ●

撮影/2016-06-26/汚水人孔(たけちゃん投稿)

島ヶ原村は2004年合併により伊賀市島ヶ原となりました。村の鳥;雉、花;ミヤマツツジがデザインされています。
撮影/2014-10-12/農業集落排水

旧上野市の花/萩、鳥/白鷺を象ったものと思われます。魚は鮎でしょうか?上野市は、2004年11月1日に阿山郡及び名賀郡の3町2村と合併し伊賀市となりました。
撮影/2014-10-12/雨水人孔

下左右と似たデザイン。公共下水、雨水のT25タイプ。通常雨水人孔は穴が空いているがこれには無い。関西本線の”ねじりまんぽ”探検の時に発見。
撮影/2009-6-2/汚水人孔

運良く、最新型25t対応のマンホール発見。
平成16年合併後の伊賀市となっており、忍者も3人。
それぞれ頭に、市の木アカマツ、鳥:キジ、花;ササユリを乗せています。手裏剣も可愛いですね。IGA CITY の下にあるのは逆さまですが市章。旧伊賀町、旧上野市のマンホールにも忍者がいるらしいです。
撮影/2014-5-24/雨水人孔(たけちゃん投稿)
左と似たデザインだが公共下水、雨水のT14タイプ。通常雨水人孔は穴が空いているがこれには無い。





HOMEうんちく今、土木が熱い!
マンホールの三重県>伊賀市