HOMEうんちく今、土木が熱い!マンホールの蓋滋賀県>高島市


KITAHATA URBAN DESIGN CORPORATION

上を向いたら落っこちる、下を向いたらきりがない
路上の芸術・マンホールの蓋
マンホール美術館


● 滋賀県・高島市 ●

撮影/13-4-14/汚水人孔
旧マキノ町は合併して高島市となりました。海津大崎の桜を見に行った時、車を駅前無料駐車場に停めて撮りました。
撮影/15-5-/集落排水人孔(Rockyおじさん投稿)
中央円内が旧マキノ町の町章。冬のスキー、春のソメイヨシノ、夏のウインドサーフィン、秋の栗というふうに、四季が描かれています。ウグイスの描かれたモノやカラーバージョンもあるようです。
撮影/2013-6-25/汚水人孔(てんちゃん投稿)

旧今津町のマンホール。町の鳥;ヒバリ、僧侶が座禅をしている姿に見える「座禅草」がデザインされています。2005年合併により高島市となりました。
撮影/2013-9-2/汚水人孔(てんちゃん投稿)

旧安曇川町(あどがわちょう)のマンホール。中央旧町章を中心に、特産品である「扇」がデザインされています。2005年合併により高島市となりました。
撮影/2013-09-24/汚水人孔(てんちゃん投稿)

旧高島町のマンホール。”イメージシンボル−ガリバー”を中心に、町の木;松、町の花;きくがデザインされています。





HOMEうんちく今、土木が熱い!
マンホールの滋賀県>高島市