TOPうんちく今、土木が熱い!土木見学ねじりまんぼ>No22-奥田畑橋梁

KITAHATA URBAN DESIGN CORPORATION

奥田畑橋梁
No.とうかい140/JR京都線
奥田畑橋梁/大阪府高槻市梶原5丁目
東海道本線(JR京都線)
平成27年9月22日撮影


ママチャリで発見

■高校〜大学時代の友人が大阪に帰ってきて以来、

彼が『はまった』明治時代の土木遺産

   ” ねじりまんぽ ”(煉瓦斜拱渠)

に、こちらもはまってしまいました。


明治時代、田んぼや水路・通路があったところに

鉄道を横断させたので、水路や通路が分断されました。

そこで、トンネルを造ってこれまで通りに通れるようにしたというわけです。


鉄道と道路が直角に交差するところでは

普通に水平に積んでいくのですが、

斜めに交差するところでは、このねじりまんぼが施行されました。


数は正確には把握されていませんが、

全国に約30箇所しか無いと言われています。

その内、約2/3が近畿地方にあります。


特に旧東海道本線は

ねじりまんぼの宝庫と言われています。



奥田畑橋梁/大阪府高槻市梶原5丁目
平成22/4/10撮影

■メッチャ、マイナーな趣味やけど・・・

この趣味は”地の利”が大事で、

世間が花見で浮かれている4月10日、

JR山崎〜島本〜高槻を線路沿いにママチャリで走り、

地図を片手に、JR京都線のトンネルを一つ一つ見て回りました。


■家を出てから約1時間、

普通のレンガ積みのトンネルばかりでしたが、

9箇所めで、ようやく”ねじりまんぼ”を発見しました!!


北側半分はコンクリート製ですので

線路を増やした時に新しく作った物でしょう。

南側は正真正銘明治9年完成のマンボです。


一般的なマンボは、レンガを水平に積み、

アーチで造っているんですが、

線路と道路(トンネル)が直角でない場合、

レンガが線路と直角に近くなるように、レンガを積んでいます。

結果的に道路側から見ると捻ったように見えるのです。

西郷隆盛がまだ生きていた明治9年から、

130年以上現役の土木構造物です。


■見学時には周辺の田畑に配慮しましょう。

周辺に駐車場は有りません。

たまにバイクや軽四も走りますので、交通安全には御注意下さい。

南側入口
北側半分はコンクリート製
側壁部
下段はイギリス積というらしい
レンガの面は斜めに”はつって”あります

レンガは京都の桂で作られたそうです
「鉄道と煉瓦」では「奥田端」と記されていますが
現場には「奥田畑」とあるので、ここでは「奥田畑」と
表記しています。


     
■JR京都−大阪間(約43km)には、

明治9年までに作られた煉瓦アーチ橋(スパン1.0m以上)が約80箇所有りました。

その内、向日町〜山崎〜高槻〜茨木に作られてものは殆どが残っており、

日本全国に26箇所しか残っていない”ねじりまんぽ”も3箇所含まれるなど、

貴重な土木遺跡群となっています。

そこで、この区間を全国的知名度の高さと、

距離的中心駅名(現状では島本駅)から山崎駅の名を取って

     「山崎煉瓦アーチ群」

と名付けました。


”ねじりまんぽ”に呼ばれました
ついに、「ねじりまんぽ」が関西テレビで紹介されました

■平成27年9月22日、

長いこと観に行ってない

   奥田端のねじりまんぽ

今年からのJRの法面工事や

新名神関連取付道路の工事が進む中、

どうなったか気になったので、ちょっと見に行ってきました。

とりあえずマンポ本体は触られていなかったので一安心。

JRの法面工事と同時に側道も広がりました 第二名神接続道路工事
「高槻市まちかど遺産」のサイン 案内文/クリックで大きくなります


■するとどうでしょう、

24日、突然”関テレ”が取材に来ました。

呼ぶんですね!!


一人では心許ないので、「ねじりまんぽ研究会」のたけちゃんに連絡したのですが、

   仕事中!!

やむなく一人で対応しました。


まず、事務所でうんちくを説明。

その後、高槻の「奥田端のねじりまんぽ」を案内してきました。


■放送は、9月30日夕方、

   17:40〜18:00(の中の数分?秒?)

   関西テレビ/夕方LIVE・ワンダー

阪神間の生活文化を描いた作品としても知られる、

    谷崎潤一郎の「細雪」

そこに出てくるのが、西宮の「マンポ」。

番組では、その語源を探求する中で、

ちょっとだけ、「ねじりまんぽ」が紹介されました。



参考文献、リンク

参考文献

1) 斜架拱(しゃかきょう)
/伊藤鏗太郎(イトウ コウタロウ)編訳/1899年(明治32年)

 我が国で初めて斜架拱”ねじりまんぽ”を単独で取り上げた書物と思われます。
 国立国会図書館・蔵書検索システム(外部リンク)で検索すると、原著のPDFデータを閲覧ダウンロードすることができます。


2) 鉄道と煉瓦−その歴史とデザイン

/著者;小野田 滋(おのだしげる)/鹿島出版会/2004発行

 煉瓦の歴史や組積方法鉄道構造物としてのデザイン等について記されています。
 全国45都道府県を調査した”足で書かれた論文”で、現在も購入可能です。


3) 阪神間 ・京阪間鉄道における煉瓦 ・石積み構造物とその特徴

/著者;小野田 滋/土木史研究 第20号/2000.5

 京阪神間の煉瓦 ・石積み構造物の特徴を捉え、現地調査結果をまとめています。(PDF/外部リンク

4) 組積造による斜めアーチ構造物の分布とその技法に関する研究
/著者;小野田 滋、河村清治、須貝清行、神野嘉希/土木史研究 第16号/1996.6

 「ねじりまんぽ」の分布や技法についてまとめた論文です。(PDF/外部リンク

5) 関西地方の鉄道における「斜架拱」の分布とその技法に関する研究」

/JR西日本 河村清治、小野田滋、木村哲夫、菊池保孝/土木史研究 第10号/1990.6

 JR西日本管内の「ねじりまんぽ」を本格的に調査し、まとめています。(PDF/外部リンク


外部リンク

■Day by day

 私の学友にして現役の土木技術者”たけちゃん”が、趣味で解析する
       ”ねじりまんぽ”の技法とその疑問
 「斜架拱(しゃかきょう)」に基づいて”ねじりまんぽ”の展開図や模型を作っている
 超!!お奨めのブログです。⇒Day by day(外部リンク)
 (あたらしい画面が開きます)

  ■六把野井水拱橋
    /Vol−1Vol−2/Vol−3/Vol−4
  ■篠津川橋梁についての検証
    /Vol−1Vol−2Vol−3Vol−4
  ■兵田川橋梁についての検証
    /Vol−1Vol−2
  ■旧東川橋梁についての検証
    /Vol−
  ■第91号橋梁についての検証
    /第91号拱渠 八木のねじりまんぼ
  ■狼川トンネルについての検証
    /斜拱施工法 「土木施工法」(鶴見・草間)より
    /古書発見 鶴見・草間の「土木施工法」
    /ねじりまんぼのペーパクラフト?
    /狼川 天井川のねじりまんぼ蒼い空の満月の日には
  ■茨木で”ねじりまんぽ”を発見
    /130年前のトンネル
  ■”ねじりまんぽ”をExcelで解く
    /3次元建築構造解析トンネル断面
  ■参考にした文献
    /ねじりまんぼ「鉄道と煉瓦」
    /「斜架拱(しゃかきょう)」−1斜架拱−2
  ■設計に着手
    /展開図施工準備写真展開力学論文算式
  ■茨木のねじりまんぽ
    /茨木ステンション田中の丸また富田のレール
  ■インクライン
    /花見のねじりまんぽインクラインの考察
    /雄観奇想ねじりすぎ
  ■ネジリマンポの時代
    /時代背景明治初頭今昔マップ鉄道忌避
  ■ねじりまんぽ探索
    /JR京都線馬場丁川はおもしろい
  ■ねじりまんぽ建設
    /藤田組黒鍬者募集施工方法;砂箱
    /アーチウイング無事竣工


■疎水の散歩道
>技術>建設工事(外部リンク)

 「ねじりまんぽ」の名前の由来についても詳しいホームページです。


弊社内部コンテンツ

■ねじりまんぽの紹介


 ■ねじりまんぽ/本編  番外偏/矢穴車石 

■ねじりまんぽ探検済

 ■No4-眼 鏡 橋(えちぜん鉄道)/福井県坂井市三国町宿1丁目

 ■No7-小田原川橋梁(JR東海道線)/岐阜県不破郡関ヶ原町野上

 ■【新規】穿屋川橋梁(JR東海道線)/岐阜県不破郡関ヶ原町野上
  「鉄道と煉瓦」に記載無し

 ■No8 烏谷川橋梁(JR関西本線)/三重県伊賀市柘植町

 ■No9 六把野井水拱橋(三岐鉄道北勢線)/三重県いなべ市員弁町下笠田

 ■No11-市三宅田川橋梁(JR東海道線)/滋賀県野洲市野洲512付近

 ■No12-旧狼川トンネル(下)(JR東海道線)/滋賀県草津市南笠東1丁目〜2丁目

 ■No13-兵田川橋梁(JR琵琶湖線)/滋賀県大津市杉浦町4〜別保3丁目7

 ■No14-篠津川橋梁(JR琵琶湖線)/滋賀県大津市中庄2丁目〜別保3丁目

 ■No15-旧東川橋梁(JR東海道線)/滋賀県大津市逢

 ■No16-馬場丁川橋梁(JR京都線)/京都市西京区牛ケ瀬奥ノ防町

 ■No17-円明寺架道橋(JR京都線)/京都府乙訓郡大山崎町字円明寺

 ■No18-第248橋梁(関西本線)/京都府相楽郡南山城村北大河原荷掛

 ■No20-第91号橋梁(JR嵯峨野線)/京都府南丹市八木町八木

 ■No21-ねじりまんぽ(インクライン・琵琶湖疎水)京都市東山区東小物座町

 ■No22-奥田畑橋梁(JR京都線)/大阪府高槻市梶原5丁目

 ■No23-門ノ前橋梁(JR京都線)/大阪府茨木市上泉町

 ■No25-安井橋梁(JR神戸線)/兵庫県西宮市安井町
  【目視できず】/「さくら夙川駅」の工事のため平成18年に撤去又は埋殺しされたもよう。

 ■No26-東皿池橋梁(JR神戸線)/兵庫県西宮市郷免町

 ■No27-木杣上谷橋梁(JR神戸線)【撤去】/兵庫県西宮市郷免町


 注)番号(No.**)は、「鉄道と煉瓦」表4-1”一覧表”(P117)における番号を採用しています。



 TOPうんちく今、土木が熱い!土木見学ねじりまんぼ>No22-奥田畑橋梁


ホ−ムペ−ジへ戻る